飲食店開業プランニング

飲食店の開業や運営に関するノウハウを分かりやすく紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

すかいらーく、高齢者向け宅配参入へ 全国の店舗網利用

すかいらーく、高齢者向け宅配参入へ 全国の店舗網利用
朝日新聞 2011年11月15日11時27分
http://www.asahi.com/food/news/TKY201111140474.html

---- 記事内容 ----
 ファミリーレストラン最大手のすかいらーくは、高齢者向けに給食と生活用品の宅配事業に参入する方針を明らかにした。2006年の上場廃止後、赤字店舗の閉鎖などリストラに専念してきたが、成長が見込める新事業に乗り出す。谷真社長が朝日新聞のインタビューに応じた。

 宅配は来年の参入を予定。運ぶのが大変な水やトイレットペーパー、おむつなどを想定している。給食は1食500円程度で、カロリーや塩分を抑えたメニューの開発に入った。

 高齢者向けの宅配サービスは居酒屋大手のワタミやセブン&アイ・ホールディングスなどが先行する。谷社長は「全国2千数百店の店舗網を利用できる。多額の投資をしない分、価格競争力がある」と勝算をはじく。

 すかいらーくは上場廃止後、株主の野村ホールディングスの下で国内外の店舗を5年で約2割減らした。今後は新たに株主となった米系ファンド「ベインキャピタル」傘下で攻めに転じ、来年は高い利益が見込める都市部の駅前に、「ガスト」の小型店を新たに40店出す。グループ全体では約70店増やし、6年ぶりに純増となる見通しだ。

 8月末に東北地方のガストで赤痢菌による大規模な食中毒が起きた原因について谷社長は「震災後の利益減少を取り戻すため、新メニューを急激に増やした時期だった。調理を担う工場の負担増につながった」と話し、経営面でも問題があったことを認めた。

 今後、手洗いの徹底など現場での防止策に加え、一時期あたりの新メニューの開発数を制限し、工場の負担増を防ぐという。(高重治香)
---- ここまで ----



[タグ未指定]
[ 2011/11/15 14:51 ] タイムリー | TB(0) | CM(1)
Google広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。