飲食店開業プランニング

飲食店の開業や運営に関するノウハウを分かりやすく紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

4.設計施工

設計は納得がいくまで詰める事

自分が思い描いている店舗のイメージを
ありとあらゆる物を使って設計士に伝える必要があります。

納得がいかないまま走り出してしまうと後の祭りで、
出来上がってからの変更は無駄なコストとなってしまいます。

ただし、予算ありきなので、多少の妥協はやむ終えないでしょう。

大切なのは、少しでもイメージに近づけて、
妥協も材質を見直したり納得のいく方法を選ぶようにする事です。


施工はこまめにチェックを

一旦施工が始まったら、
自分の目で出来上がっていく様子をこまめに見に行くようにしましょう。

そうすることで、机上でのイメージと実際とのギャップに気付き、
その時点での変更が可能だと言うことと、
なんといっても自分の店に対する愛着が強くなり、
なんとしても経営を存続させたいと言う気持ちが強くなるからです。


合いみつ(合い見積もり)をとる

施工業者は可能な限り数社で合いみつ(合い見積もり)をとるようにしましょう。
そうすることで少しでも安く上げられる方法を選びます。


店舗引渡し

出来上がった店舗の引渡し日があらかじめ決まりますが、
実際には途中での変更や天候等いろいろな要因で多少遅れるのが常です。
それを見込んでプランを立てておいた方が無難です。


設計の段階での留意点

厨房と客室の割合は?

業態によってテーブルのサイズが違う=客席数が違ってくる

収納スペースは大切

バリアフリー?

トイレの有無と数

お客様とスタッフの動線

空調設備と分煙

照明器具

床、壁、天井の素材による店内の明るさ暗さ

オープンキッチンにするのかどうか



などいろいろな項目について、
店舗のコンセプトと予算をにらめっこしながら決めていきます。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
Google広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。