飲食店開業プランニング

飲食店の開業や運営に関するノウハウを分かりやすく紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

外食産業労働相談ホットライン:18・19日、関西労組が開設 /兵庫

外食産業労働相談ホットライン
18・19日、関西労組が開設 /兵庫

毎日新聞 2011年10月14日
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20111014ddlk28040378000c.html

―――― 記事内容 ――――

 アルバイト・派遣・パート関西労働組合(大阪市北区東天満2)などは18、19日、「外食産業労働相談ホットライン」を開設する。非正規労働者が多いファミリーレストラン、ファストフード、居酒屋などの外食産業で働く人が対象。同組合の大橋直人事務長は「職場でトラブルになっている人はぜひ気軽に相談を」と呼びかけている。時間は各日とも午前10時~午後6時。電話番号は06・6881・0110、06・6586・5005。【原田啓之】

―――― ここまで ――――

 近年、飲食業界においても従業員に対する雇用管理のあり方を問われるケースが増えています。経営の上で人件費を抑えたいという考えは良いのですが、一方で従業員はお店、会社にとって宝であり、社員はもちろん、アルバイト、パートさん達なしには成り立たないと言う事をよく考え、大切にしたいものです。けっして、間違った考え方や方法で、目先の人件費削減に走らない事。
 また、社員とアルバイト、パートさん達の関係は対等ではありません。その雇用関係からセクハラ、パワハラなどが日常的に起こりがちです。今一度、現場の状況をよくみて、社内的にもアルバイト、パートさん達が気軽に相談できる窓口を設ける事をお勧めします。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2011/10/15 00:12 ] タイムリー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
Google広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。