飲食店開業プランニング

飲食店の開業や運営に関するノウハウを分かりやすく紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

喫煙室設置に助成金=飲食店、旅館が対象-厚労省

厚労省の発表によると

今年10月1日より
飲食店、宿泊業等で喫煙室を設置する事業場に対し、喫煙室
設置に係る費用の 1/4、上限 200 万円で助成する。

とされています。


受動喫煙防止対策助成金の支給の実施について―厚生労働省労働基準局長

労働者災害補償保険法施行規則の一部改正 ―労働基準局安全衛生部 労働衛生課環境改善室

これは、喫煙室を設置して、分煙を促進しようとする飲食店などに向けて、
新たに受動喫煙防止対策助成金という形で支給すると言うものです。
支給対象事業主は、労働者災害補償保険が適用されている中小企業で、
業種としては、飲食店営業、喫茶店営業、旅館業を経営していることとなっています。

世の中の流れは「飲食店内は禁煙」です。
これはもはや避ける事は出来ない大きな潮流となって、既存の飲食店にまで押し寄せてきています。

とはいうものの、まだまだ愛煙家は沢山おり、
そうでなくとも世間様の視線の中、肩身の狭い思いをしながら
食後のわずかな休憩に一服したいという方の気持ちを考えると
なかなか全席禁煙には踏み切れないという経営者も多いはず。


これまで飲食店における分煙の問題は
様々な場面で物議を起こしてきました。
コストや業態、顧客状況などにより
分煙に踏みけれず、その為に吸わないお客様を逃す事になってきた
個人の経営者にとっては朗報です。

この機会に
せめて分煙、喫煙室の設置を検討されてはいかがでしょうか

「タバコの煙が嫌なため、このお店には行かない」
なんていう話も良く聞きます。
そういったお客様にも来てもらえるようにする事は
お店にとってとても重要な事だと思います。

200万円の助成金
これを有効に活用してみてはいかがですか?
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2011/09/29 22:29 ] タイムリー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
Google広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。