飲食店開業プランニング

飲食店の開業や運営に関するノウハウを分かりやすく紹介しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クーポンサイトの活用

ここ最近になって、グルーポンをはじめとするクーポンサイトが物凄い勢いで成長してきていますね

主なものに
グルーポン
カウポン
シェアリー
ポンパレ
ルクサ
ピク
・・・・・

などなど

さらに、遅れてはなるまいと
食べログ や 一休なども共同購入クーポンを始めています

こういった共同購入サイトのメリットは、
従来の店舗における半額券の配布とは異なり、
確実に集客できるということ

従来の半額券は、配布枚数に対して何件の回収があるのかの見込みが読み辛く、
どうかすると、一部のクーポン利用者にお得感を与えるだけに終わり、
お店にとってはメリットが無い場合も多々あります。

それに対して、これらのクーポンサイトは、
発券の時点でお客様は代金を支払っているので、
ほぼ販売数と同等の来客が見込めるということです。

とはいうものの、
飲食店でみるなら、
自店舗で発行した場合は、
半額と言っても、
定価1000円の物であれば、
原価率30%としても300円で
半額の500円で販売しても200円の粗利がとれます

でも、これらのクーポンサイトの多くは、
クーポン価格の50%を手数料として支払わなければならないので
実際にお店に入ってくるのは250円だけということになります
しかも、回収があってからの清算となれば
お店としてはクーポン販売数に応じた食材の仕入れも立替なければなりませんね

逆にクーポンサイトは、販売してから半年間ほどの利用期間を設定しているので
その間にとても有利なキャッシュフローが生まれていることになります。

これらのサイトを使うのは
あくまでも宣伝広告としてであり、
これらのクーポンを購入してもらうことで直接売上アップ
になる訳ではないということもポイントです

あくまでも、新規顧客開発の手段であり、
売上アップの前の、販促費としての出費であるということです
だからこそ、
このクーポンで来店されたお客様を
いかに感動させて再来店に繋げられるかが大切なんです

そうでなければ
ニュース沙汰になったあの正月のお節や
途中で利用停止になったタイ焼きのように
全く逆効果となってしまいます。

それにしても

凄いですね

この勢い



かくいう私もグルーポンをちょくちょく利用しています。
さすがに半額以下で利用できると言うのはお客としてはありがたいですね!!  
あなたも一度試してみたらいかがですか?
損は無いしね.


















スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2011/02/28 22:48 ] タイムリー | TB(0) | CM(0)
Google広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。